体位を学べばセックスは10倍楽しい!!オトナの体位講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Édouard-Henri_Avril_(30)

突然ですが、あなたの体位は何パターンくらいありますか?いつもどんなセックスしてますか?
「もちろん毎晩イカせまくりだぜ!」という方も「いやー、最近マンネリで・・・」という方も、体位について意識してセックスしてますか?
口癖などと一緒で必ず個人ごとに癖があるはずです。もちろんそれが悪いことではありませんが、意識的に普段と違う体位にチャレンジすることでパートナーもあなた自身も新たな快感が!!

そこでオトナのための体位講座で、あなたもパートナーも10倍楽しく気持ち良くなってください。長文ですが、お付き合いを。

そもそも体位ってなに?

性交体位(せいこうたいい)は、二人が性交(性器を結合)しているときの両者の体の位置関係を表す言葉である。単に「体位」、または「ラーゲ」(ドイツ語:Lage)ともいう。なお、シックスナインのように、厳密には性交体位でないものも、これに含める例もある。

wikipediaより

>なお、シックスナインのように、厳密には性交体位でないものも、これに含める例もある
体位と言えば正常位とか騎乗位とか…ところが意外にも挿入行為以外も体位に含まれています。現に48手のうちなんと9手は挿入を伴わないものです。

基本体位のおさらい

正常位

正常位
王道中の王道。正常位したことない人なんていないでしょうが、基本ゆえに奥が深いのがこの体位。一口に正常位と言ってもその中に無数のバリエーションがあります。現に48手のうち8手は正常位に含まれます。細かい体位の名前よりも正常位で重要な要素は3つです。

  • 1.挿入角度
  • 2.深度、ピストン幅
  • 3.他の部位を攻めるか

1の挿入角度は男性が上体をどこまで倒すか(女性にどこまでくっつくか)及び女性の足をどれだけ上げるか(膣の向き)、そして男性の股関節の柔らかさによってどれだけ腰を落とせるか?によって決まります。一般的に女性の膣壁の上部に性感帯があるため女性の足を上にあげ男性器の先端を上壁にこすれるように当てると感度が高まります。もしくは、女性の腰を持ち上げることで足を上げずとも上壁を刺激できます。
ただし、女性に密着することによってクリトリスに男性の恥骨があたることにより刺激できます。また、精神的な満足により快感も高まるため、密着が好きな女性も多いです。
また、女性の足を閉じると膣圧も高まるので締まりを調整することもできます。緩いと感じたら足を閉じる、キツいと感じたら足を開く。これも男性がコントロールしてあげられるとベストでしょう。
2は「どれだけ奥に当たるか」「どれだけ抜き差しする可動幅があるのか」という点です。女性をイカせるためだけなら膣奥を小刻みに刺激することで子宮口が刺激され絶頂を迎えますが、ピストン幅を大きくし大きく抜き差しすることで女性の犯されている感を増すこともできます。
3については、密着しながら女性の耳・首筋を攻める、男性が上体を起こすことで両手で胸などを刺激する等のバリエーションが生まれます。腰を動かすだけでなく、他の部位も刺激できるオトナの余裕を持ちましょう。

※最後に、たとえ正常位でも女性は油断してはいけません。足を動かしてで気持ち良い角度で当たるように調整する・手で枕やシーツを掴んで「感じてますよ」アピールや抱きついて「好きです」アピールもオトナな女性が身につけるべきテクニックです。

騎乗位

騎乗位

騎乗位は女性主導の体位なので好き嫌いが分かれます。女性によっては恥ずかしがって上手く動けない人や、自分の気持ち良い場所を刺激できるので大好きという女性まで180度意見が分かれるでしょう。騎乗位のパターンは大きく以下3つの観点でそれぞれ2パターンなので、計2^3=8通りあります。

  • 向きは正面?後ろ向き?
  • 膝をつけるか?足裏をつけてしゃがむか?
  • 前後にこするか?上下にピストンするか?
  • 前のめりか?後ろにのけぞるか?

気持ち良い要素は先ほどの正常位の項でも3点あげましたが、騎乗位で気持ち良い箇所を刺激するにはどの角度どの部分を刺激するかが重要です。これは男性にとっても同様に男性器の刺激され方が変わるので男性を気持ち良くする面からも様々なバリエーションを試してみてください。女性にとっても疲れた際に違うやり方に変えることで継続して騎乗位を続けることができます。

後背位(バック)

バック

ほとんどの動物がバックでしか交尾しないように最も動物的な体位と言えます。大きく分けて男女共に立った上体で行う立ちバックと女性が四つん這いになる通常のバック、女性が完全に横になる寝バックに分かれます。
正常位だと意外と男性は腰を落とさなきゃいけなかったり、手で体重をさせなきゃいけなかったりと大変ですよね?
バックなら男性は体勢的には楽ですし征服感も味わえますが、女性によっては「格好が恥ずかしい」「後ろ向きだと気持ち良いところに当たらない」等の理由で苦手な方もいるのでご留意を。

座位

座位

正常位ほど男性主導でもなく、騎乗位ほど女性主導でもない万能体位。体位を変える中間の体位として利用している方も多いのではないでしょうか?人気体位のアンケートにも必ず上位にランクインしており、挿入深度、キスしながら、女性の胸を舐めたりと大活躍の体位です。

挿入からフィニッシュまで段階別オススメ体位

挿入時におすすめ〜先発体位〜

正常位

男性主導で始めるなら正常位での挿入が一般的ではないでしょうか?特に二人にとって初めてのセックスの場合は、まずは無難な正常位から始めるのが礼儀でしょう。

騎乗位

女性が自分のペースで挿入できるメリットがあり、フェラから挿入まで自然な流れで行えます。

流れを変える〜中継体位〜

挿入後2番手、3番手として使える体位としてまず思い付くのが座位でしょう。先述の正常位・騎乗位いずれからでも移行しやすく、途中のアクセントとして役立ちます。
また、松葉くずしの様に正常位から女性を横方向に回転させることで挿入角度を変える方法も有効です。そのままバックへ移行する際に使えます。回転することによる体位移行としては騎乗位のまま女性が回転する「御所車」という方法もあります。ぜひ女性はこの体位移行をマスターすべきだと思います。バックに移行する際に一旦抜いてしまうのではシラけてしまいますからね。

鉄壁のフィニッシュ〜抑え体位〜

正常位

「セックスは正常位に始まり、正常位に終わる」という名言があるかは分かりませんが、挿入時にしろフィニッシュにしろ男性が自由に動けるので男女ともに絶頂に達しやすい体位です。フィニッシュ時は女性の腰を抱き上げて下から激しく突き上げる、思いっきり密着して膣奥を刺激するなどが有効です。

後背位(バック)

こちらも男性が思い切り突けるので男女共に刺激が最高潮になります。

タイプ別おすすめ体位

M男×S女におすすめの体位

顔面騎乗位

もちろんSの女性は通常の騎乗位も好きでしょうが、最高に征服感を味わえる顔面騎乗位はいかがでしょう?男性を寝かせて口に女性器を擦り付けながら虐めてみてください。

アナル責め

男性を四つん這いにしてアナル責めをしてしまいましょう。アナルを舐めながら手で男性器を刺激する、もしくは男性器を舐めながらアナルを指で刺激しましょう。目隠しや手錠などの小道具もオプションとしてぜひ!

S男×M女にオススメの体位

ひざまづきフェラ

男性が仁王立ちになり女性は地べたに座り込んでのフェラは男性の征服欲を満たすのに最適です。ソファなどでする際にも床に降りてフェラすることで同様の効果が得られます。

ベッド以外でのバック

キッチンや風呂場はたまたベランダ?!予想外な場所で犯されることで女性はドキドキです。野外での際にもお互い服を脱がずに挿入できるので活用してみてください。

言葉責め

あまりハードなプレイに抵抗がある方はまず言葉攻めから試してみてはいかがでしょうか?女性の脳は男性より言語に関する感性が優れているので、簡単にできる上にMの女性に非常に有効なプレイです。

悩み別おすすめ体位

早漏な男性にオススメ体位

正常位

正常位の際は女性の足を開いてください。膣圧が弱まります。また、腰を動かすのではなく上体をまっすぐ起こして腰を固定し、足の力で前後するように動かしてください。AVなどでもよく見ると男優さんが序盤にやっているやり方です。腰を固定することで射精をコントロールするPC筋を締めた状態をキープできるので早漏対策となります。

座位

座位では自然と女性の足が開いた状態になり、騎乗位ほど女性が激しく動けないため刺激が低いです。また、先ほどの腰を固定する話と同様にPC筋を締めた状態がキープできます。

体の固い女性にオススメ体位

座位

正常位で足を開かれるのがツラい・・・、騎乗位で上手く動けないといった女性には座位がオススメです。座位でしゃがんだ姿勢で挿入しましょう。男性の首に捕まることで体勢が安定し上下前後どちらにも動くことができます。男性にお尻を掴んで動かしてもらうことでより女性が動く負担も軽減します。体が固くても男性任せにせず、十分男性に喜んでもらえるでしょう。また、腰を前後に動かす際にクリトリスを擦り付けるとより気持ちよくなれるでしょう。

体位参考サイト

48手について分かりやすくまとまっているのがこちら▶︎http://www.lovecosmetic.jp/set/48te/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。